本文へスキップ

佐伯市指定 地域密着型サービス 認知症対応型共同生活事業所(高齢者グループホーム)

TEL. 0972-56-5800

〒876-0202 大分県佐伯市本匠大字笠掛1589-1

グループホームとは・・・

認知症の方が少人数で共に生活する施設です。

グループホームでは5~9人をひとまとまりとして考え、そのまとまりを”ユニット”と呼びます。みどりの郷ほんじょうではそのユニットが2つあります。少人数で生活することで、大きな施設よりも家庭に近い介護を行うことができます。
また、認知症の方は変化を苦手とします。グループホームでは入居者様と介護者の距離も近いので、入居者様の戸惑いも生じにくく、一人一人のニーズに対応した介護を行うことが可能となります。


特徴1 本匠だからできる。

山々に囲まれすぐそばに川が流れる自然の豊かな本匠地区。誰しも住み慣れた場所での生活を望むように、認知症の方も慣れ親しんだ場所の方が落ち着きます。今まで本匠で生活したくてもできなかった方でも、これからはそれが可能になります。また、近くには小中学校もあり、地域ぐるみでのケアも行っていきたいと考えています。

特徴2 少人数だからできる。

認知症の方は変化を苦手とします。生活する場所や介護者が変わるとその変化に戸惑ってしまいます。そのため認知症対応型グループホームでは5〜9人をひとまとまりとし、入居者様と介護者との距離の近い介護を行います。家庭環境に近い介護を行うことができますのでひとりひとりのニーズに合わせた介護を行うことができます。

特徴3 共同生活だからできる。

一人でテレビを眺めて一日を過ごす。そのような刺激の少ない生活は認知症の悪化を招きます。みどりの郷ほんじょうは全個室一人部屋なので入居者様のおひとりの時間も保ちつつも、一つ屋根の下での共同生活なので一人きりになることはありません。自分でできることは自分でする。できないことは手伝ってもらいながら一緒に暮らしていく。それがグループホームです



バナースペース

みどりの郷ほんじょう

〒876-0202
大分県佐伯市本匠大字笠掛1589-1

TEL 0972-56-5800
FAX 0972-56-5778